はじめての経絡リンパマッサージ セルフケア完全版

渡辺佳子 / 西東社 / 2015.05

目次

  • 第1章 経絡リンパの基礎知識
  • 第2章 マッサージ基本テクニック
  • 第3章 デトックスマッサージ 
  • 第4章 リセットマッサージ
  • 第5章 メンタルケア
  • 第6章 エイジングケア
  • 第7章 部分やせケア
  • 第8章 ビューティーケア
  • 第9章 即効ツボ紹介

はじめに

自分自身の専門家を目指す

意外と知らない自分のこと

私たちの治療院には、毎日多くの患者さまがご来院されます。患者さまの多くは「肩こりがひどい」「頭痛が治らない」「肌が荒れて……」とさまざまな悩みをお話しくださいます。

しかしいつからそれが始まったのか、正確に覚えている方はほとんどいらっしゃいません。私たちは連続した時間の中で日々変化を続け、今という時間を生きています。

今、起こっている不調は、今までの自分がつくり上げたもの。不調は突然訪れるものではなく、必ず気づいていない自分に原因があります。

身体の声を聞くことが大切

経絡リンパマッサージは、比較的すぐに効果が出るボディメンテナンス法です。しかし、できるだけ継続して行うことをおすすめしています。

それは、私たちの身体は毎日少しずつ変化しているからです。年齢とともに疲れやすくなることもあれば、いつの間にかついていた脂肪もあるでしょう。

また、趣味など生活習慣が変わることで心に変化が起こることもあるでしょう。毎日1分でも自分と本気で向き合うことで、より早く心と身体の変化を感じ取ることができるようになります。

昨日よりも脚がむくんでいると感じたら脚のマッサージを。今日は少し怒りっぽくなっていると感じたら心をリラックスさせるマッサージを。

毎日の変化に対応するだけで、重大な疾患に陥ることを防ぎ、安定した生活を送ることも実現できるようになります。

それがすなわち、「自分を知る」ということ。自分を知ることは自然に自分を愛し、癒すことでもあるのです。

心と身体はつながっている

東洋医学では、人は大宇宙の一部だと捉え、身体の仕組みをひとつの小宇宙としています。どこか1カ所の機能が低下すると、それに関連したほかの箇所も影響を受けます。

一部だけを切り離すわけにはいかないのです。あなたも肩こりがひどくて仕事に集中できなかった経験がありませんか?

逆にイライラすることで肩や首がこることも。これらの現象は、心と身体がつながっているから起こるのです。

真の健康体を目指すには、心と身体のバランスを整え、自分の身体全体を整えていく意識を持つことが重要です。それは難しいことではありません。

今、自分がどこがつらいのか、何を心地いいと感じるのかを知り、自分に合った対処法やセルフケアを選べばいいのです。

自分を知ることこそが最高の人生に

どんなに医学が発達しても、全ての病を治す薬の開発は難しいでしょう。だからこそ身体に少しでも異変があった時、自分の状況を見極めて対処ができる「自分自身の専門家」であることが、重要な意味を持っています。

自分を知っている人こそが知性ある人=健康で美しい人、という時代になろうとしているのです。

この本で、あなたがキラキラと輝く笑顔に満ちた生活をスタートさせるきっかけになれば、こんなにうれしいことはありません。

さあ、今日から新しい自分にリセットして、今よりもっと健康で美しく、すてきな毎日を過ごしませんか。

美容・健康・ダイエット・メンタルなど、さまざまな悩みをセルフケアしたい方にぴったりの、経絡リンパマッサージの決定版です。

体質改善するタイプ別メニューのほか、ボディやメンタルの悩みにあわせたメニューを豊富に載せています。不調を改善して、体と心の美しさを手に入れてください。

本の内容

東洋医学の力で内側から変わるマッサージ

偏頭痛のための、リセットマッサージ1

目の疲れのためのリセットマッサージ

おわりに

セルフケアは幸せな人生の方程式

自分の状態を知りセルフケアで幸せな人生を

私がこの世界に入ったのは、大好きだった祖父の死がきっかけです。

病気が発覚する少し前から、祖父は具合が悪そうでした。しかし、仕事が忙しかったため病院に行くのが遅くなり、闘病もむなしくこの世を去ってしまいました。看病で私ができたことは、手をさすり、温めてあげることだけでした。

「病気になる前に気づいていたら」。その思いで心がいっぱいだった私が、「未病を治す」という概念を持つ東洋医学の道に進んだのは、自然な流れでした。

東洋医学について学びはじめると、病気にならない身体をつくることがどんなに大切かを実感するようになりました。健康な身体を維持するためには、食事や運動など、さまざまな方法がありますが、私がその効果を実感したのはマッサージでした。

「手当て」「手伝う」「手を加える」など、「手」という部位を使った慣用句はとても多いものです。昔から、手はその人の心を表すものとして意識されてきたのでしょう。

大切な自分の身体に手を当てて、状態を感じながらマッサージを行うセルフケア。つらい箇所の症状緩和はもちろん、身体の声を聞きながら行うことで心までも癒していきます。

この本は、セルフケアが初めてという方にも簡単に行っていただけるように構成しました。毎日少しずつケアをすることで、誰もが自分自身の専門家になれます。それは、自分の美しさを追求することでもあり、大切な誰かを悲しませないことにもつながるのです。

情報に惑わされず、自分を癒す

今やインターネットの世界には、世界中の健康法や美容情報があふれています。誰かが発信した「この治療法がいい」「これで治った」という知識なら、いくらでも知ることができます。

しかし、それがあなたにぴったりと合っているかは、あなた以外の誰にもわかりません。この情報化社会において、自分が本当に何を求めているのかを知ることは、必要不可欠です。

自分は何を心地いいと思い、何をすると不快になるのか。それは、自分を慈しむことでわかってきます。セルフマッサージで自分に「手当て」を行い体内の老廃物を排泄する。

循環するようになったエネルギーは、身体の一部ではなく全身をケアしていくーー。そうやって自分自身で手に入れた健康的な美しさは、誰にも真似できないあなただけのオリジナル健康法で手に入れたものです。

それはきっとあなたの命の知恵となり、これからもずっとあなたを助けてくれるでしょう。そして、幸せの方程式の答えは、あなた自身が知っているのです。

この本を読むあなたが、経絡リンパマッサージとの出会いによって美しく輝き、生命力に満ちあふれた幸せな人生を送ることができるよう、祈っています。

心から愛と感謝の思いを込めて。