コラム

足の甲のむくみ解消に効果的なリンパマッサージ

目次

美しい足のディテールに足の甲のむくみ解消は外せない 

適度な筋肉もありながら、むくみ知らずで、スラリとした細い足。そんな足に憧れる女性は少なくありません。細さはとても大きな要素ですが、メリハリは欲しいところ。適度な筋肉がありつつ、むくみがないことは、美しい足のラインを維持する為には、とても重要です。

そして、細くしたい部位は太ももや膝周り、足首など足の各パーツがスッキリしていること。その中でも「足の甲」は、実は外せないパーツのひとつです。

意外と気になる!「足の甲」その足の肉は脂肪ではなく、むくみ 

足の甲のむくみが気になる女性

夕方位から夜に向かってどんどん太く、重くなっていく足。
長時間のデスクワークや立ちっぱなしの仕事を続けていると、足はどんどんとんでもない形に変化していく・・・(泣)

あまりにもひどくなってくると、朝履いていた靴が夕方は履けなくなることも。
それでも靴に無理やり足を押し込んで履いてみるも、ぷっくりとふくよかになっている足の甲。
靴との境目の肉が盛り上がり、美しい足には程遠い状態に。

朝と夜で足の太さが違う場合、その足の甲にあるその肉は、実は脂肪ではありません。
余分な水分が溜まった「むくんでいる」状態なのです。

なぜ足がむくむのか? 

なぜ足がむくむのか悩んでいる女性

足をスッキリさせたいなら、むくみの改善に取り組んでみる価値はあります!
むくみの改善に取り組む前に、なぜ足がむくむのかをご説明します。

むくみとは、余分な水分が溜まっている状態です。

むくみの原因となっているものは血液の中にある水分で、流れがよどむことで血管の壁から染み出て、細胞の中にたまっている状態です。その余分な水分は静脈で90%が回収されます。また、静脈とほぼ伴走しているリンパが残りの10%を回収して、最終的には心臓へと戻していきます。

足は心臓から遠く、地球の重力によって、体の血液は一番低いところにある足にとどまりやすくなります。それを効率的に心臓に戻すために、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たしています。ふくらはぎの筋肉を使うことで血液は心臓に戻っていくのです。

しかし、運動不足でふくらはぎの筋肉をあまり使わない状態が続くと、むくみが起こるのです。

またむくみは疲れやストレスとも関係があります。詳しくはむくみとストレスの意外な関係をご覧ください。

むくみやすい時に注意したい病気 

むくみやすい時に注意したい病気を説明する医師

むくみは何らかの病気が原因で起こる場合もあります。

ー全身性のものー 

足だけではなく、顔や手、背中など全身にむくむことがあります。

  1. 低栄養
  2. 腎不全
  3. 心不全、心負荷
  4. 薬剤生
  5. 腹水などがたまる病気(肝不全、甲状腺機能低下症、副腎皮質ホルモンの異常症などの内分泌疾患、関節リウマチなどのアレルギー疾患など)

ー局所的なものー

足がむくんだり、赤く腫れたり、熱や痛みを伴う場合もあります。

  1. リンパ浮腫
  2. 深部静脈血栓
  3. 下肢静脈瘤
  4. 蜂窩織炎
  5. 腫瘍
  6. 筋内血腫
  7. 皮膚の病変
  8. 体位によるもの

むくみ改善のための生活習慣を取り入れる 

むくみ改善のための生活習慣を取り入れる提案をする女性

むくみを改善するための、生活習慣のポイントをご紹介します。なるべく生活に取り入れて、むくみづらい習慣を身につけましょう。

  1. 適度な水分を撮る
    水分の摂り過ぎでむくみやすくなるわけではありません。水分不足はかえって、体に水分を溜め込もうとしてしまい、逆効果です。適度な水分を取るように心がけましょう。
  2. 利尿作用や糖質の多い水分は控える
    利尿作用のあるお茶やコーヒーは、体内の水分を余分に排泄させてしまうので注意。
    ジュースなど糖質の多めのものも控えましょう。
  3. 足を心臓より高くする
    夜寝る時に、足を心臓の高さくらいに高くすると、静脈の血流はよくなり足のむくみは解消されやすくなります。
  4. 足の筋肉、とくにふくらはぎの筋肉を使う
    ふくらはぎの筋肉を使うと、足に溜まった血液や水分を流してくれるポンプのような役割をしています。足首を回したり、立ったり、座ったりして、適度に筋肉を動かしましょう。
  5. 塩分の摂り過ぎや喫煙を控える
    塩分の摂り過ぎは、体内の水分と塩分のバランスを崩し、むくみやすくなります。
    またタバコに含まれるニコチンは、毛細血管の働きが低下して、血流が悪くなります。
    塩分の摂り過ぎや喫煙は控えましょう。
  6. 冷え対策
    寒い季節だけではなく、夏も冷房で冷えないように防寒対策を心がけましょう。
    お風呂にしっかりと浸かって、体を温めるのもおすすめです。

足の甲のむくみ改善!リンパマッサージプログラム 

足の甲のむくみを解消するリンパマッサージ

このプログラムは、足の甲のむくみ改善のためのリンパマッサージ プログラムです。
足の甲という部分的なむくみの状態ですが、足全体の流れもよくしていくことが、部分的な改善につながります。

ーマッサージを始める前の注意点ー

  1. 施術する部位や手は清潔にしてから行う。
  2. 食後2時間以内、飲酒後は避ける。
  3. ケガや皮膚トラブルがある場合はその場所を避ける。
  4. 重症な病気や発熱、妊娠初期、過度の疲れの際は控える。
  5. 症状がひどい時や、効果がない場合はすぐに専門家に相談を。

上記の注意点を守って、各プロセス1分を目安に気持ちの良い強さで行いましょう。

また足の甲のリンパマッサージで使う手技については、リンパマッサージの基本手技をプロが徹底解説を参考にしてください。

1、足の付け根を押す

足の甲のむくみ解消リンパマッサージステップ1:足の付け根を押す

足の付け根に、反対側の手のひらをあて、片手を重ねて足の付け根を押す。
反対側も同様に行う。 

2、ひざの裏を押す

足の甲のむくみ解消リンパマッサージステップ2:ひざの裏を押す

ひざを包むようにひざ裏に両手の4本の指をあて、上体を後ろに傾けながらひざの後ろを押す。
反対側も同様に。

3、足全体をさする

足の甲のむくみ解消リンパマッサージステップ3:足全体をさする

  足首に手に両手のひらをあて、足の付け根に向かって両手で同時に足全体をさする。

  反対側も同様に。 

4、足の甲をさする

足の甲のむくみ解消リンパマッサージステップ4:足の甲をさする

足の甲(足の指と指の間)を左右の親指で、指のつけ根から足首に向かって交互にさする。
反対側も同様に。 

5、足の甲を押す

足の甲のむくみ解消リンパマッサージステップ6:足の甲を押す

足の甲(足の指と指の間)を指の付け根から足首にかけて、親指で押す。
反対側も同様に行う。 

ここで紹介した方法は、渡辺佳子の著書「メディカルリンパマッサージ」から一部抜粋して紹介しております。より詳しい内容は書籍をご覧ください。

あまり変化が見られない場合は、病気が潜んでいる場合もありますので、専門家にご相談ください。

まとめ

足の甲は、足全体と比べると、むくみがわかりづらい部位です。その足の甲がむくんでしまっている・・・ということは、むくみの程度としては、かなりよくない部類になります。

むくみは体からのSOSのサインです。足の甲がむくんでいても、つらい痛みが起きたりはしないので、気に留めないかもしれません。しかしそのサインに気がつくかどうかが、美しさを維持できるかどうかの分かれ道でもあります。

毎日の体の変化に目を向けて、いつまでも元気で美しくいられるようにセルフケアのリンパマッサージを楽しんでください。

プロフィール画像
この記事を監修した人
渡辺 佳子 (わたなべ けいこ)

(社)経絡リンパマッサージ協会 代表理事
銀座ナチュラルタイムグループ 総院長
現在は東京医療専門学校教員養成科マッサージ臨床学の非常勤講師を務める。

経絡リンパマッサージの第一人者として、海外書籍を含め70冊以上、雑誌などの監修誌は1000誌を超える実績を持つ。TV、雑誌、企業の美容健康関連商品などで多くの監修を手がける。女性のための健康と美のセルフケアの普及、鍼灸マッサージ師の臨床教育などにも力を入れている。また、自らの臨床経験を生かし、健康や医療、予防医学の大切さをライフワークとして伝え続けている。さらに、身近な美容やダイエット、食事や生活を通じて、ベビーやママ、女性たちの幸せな毎日を応援している。