不眠を改善するリンパマッサージ

目次

一日の生活を大きく左右する眠れない悩み、ストレスと緊張をほぐして入眠を誘うリンパマッサージ

眠れない悩み・・・いわゆる不眠にお悩みの方は意外と多いです。

病院に行くほどではないが、なかなか寝付けない、途中で目が覚める、一度目が覚めると寝れないなど、症状は様々ですが、眠れない夜ほど、嫌なものはありませんよね。

規則正しい睡眠は、自律神経のバランスを整え、過度のストレスを軽減し、快適な生活には欠かせないものです。

寝る前にリンパマッサージをしっかりと行えば、心も身体も落ち着いて、深く、長い、質の良い眠りが得られます。

毎日の習慣にすると、眠りを誘うきっかけになりますので、ベットの上で、気軽に続けてみてください。

不眠改善のリンパマッサージ (各1分)

1.腕の内側をさする

腕の内側を軽くにぎるようにして、親指で手首からわきの下までしっかりさする。(左右1分間)

腕の内側をさするリンパマッサージ


2.胸をさする

胸と胸の真ん中を、鎖骨からおへその上まで4本の指でさする。(1分間)

胸の中央をさすりおろず

3.首をおし、リンパを流す

1 手のひらを首にしっかりあてて、耳の下から首のつけ根まで、首を後ろに傾けながら押していく。息を吐きながらゆっくりおし、もどす。
2 耳の後ろから肩先へ、さする。(左右1分間)

首のリンパマッサージ

4.おでこをさする

おでこを下から上へと2本の指でさすりあげ、 おでこからこめかみへ手を同時に動かしてさすりおろす。(1分間)

おでこをさするリンパマッサージ


[参考著書]免疫リンパマッサージダイエット

効果が出にくい場合は、カウンセラーにご相談ください。ここで紹介した方法は、渡辺佳子の著書「免疫リンパマッサージダイエット」から一部抜粋して紹介しております。より詳しい内容は書籍をご覧ください。

プロフィール画像
この記事を監修した人
渡辺 佳子 (わたなべ けいこ)

(社)経絡リンパマッサージ協会 代表理事
銀座ナチュラルタイムグループ 総院長
現在は東京医療専門学校教員養成科マッサージ臨床学の非常勤講師を務める。

経絡リンパマッサージの第一人者として、海外書籍を含め70冊以上、雑誌などの監修誌は1000誌を超える実績を持つ。TV、雑誌、企業の美容健康関連商品などで多くの監修を手がける。女性のための健康と美のセルフケアの普及、鍼灸マッサージ師の臨床教育などにも力を入れている。また、自らの臨床経験を生かし、健康や医療、予防医学の大切さをライフワークとして伝え続けている。さらに、身近な美容やダイエット、食事や生活を通じて、ベビーやママ、女性たちの幸せな毎日を応援している。