「つらい花粉症の症状をツボで軽減!」ウェザーニュースに取材して頂きました。

渡辺佳子 / ウェザーニュース / 2018.02.28

つらい花粉症の季節になりましたね。

ウェザーニュース様にご取材頂き、「つらい花粉症の症状をツボで軽減!」

https://weathernews.jp/s/topics/201802/260095/

を寄稿させて頂きました。

つらい花粉症を東洋医学の力で症状を和らげるツボ押しや、セルフケアのリンパマッサージをご紹介しています。花粉症は症状が出る前に、ケアすることが肝心です。

通年を通して、ケアを続けることで、花粉症の時期になっても、症状を出にくく、また症状が出ても、軽微で抑えることができます。

花粉症の症状は処方された薬で治療する方が多いと思いますが、毎日のセルフケアとしてツボ押しやリンパマッサージを取り入れてみてください。

どうして東洋医学で花粉症の症状が軽減するの?

花粉症というのは、鼻や目の単独の症状ではありません。頭がぼんやりとしたり、全身がむくみがちになったり……花粉症は全身のアレルギー性疾患なのです。

東洋医学では、ツボの流れ「経絡」の中でも特に、「大腸経」がアレルギーと関係が深いとされています。

掲載誌では、この大腸経を意識してマッサージすることで、花粉症の予防へと繫げるケア方法をご紹介しています。

掲載誌情報

掲載誌:ウェザーニュース

出版社:ウェザーニュース

出版日:2018.02.28

*掲載内容の詳しいお問い合わせは、出版社までお願いいたします。