【プロ監修】自律神経失調症を"ととのえる"マッサージのやり方

目次

自律神経失調症って何?

自律神経失調症とは?

自分の意思とは無関係に24時間働き続け、生命活動を維持してくれる役割を持つ「自律神経」。

血液循環や呼吸、消化、免疫、排泄、体温調節、生殖など、様々な生命維持活動の調整を行ってくれる大切な神経です。

この自律神経の働きが乱れて、様々な症状や不調が現れてくるのが「自律神経失調症」です。

このコラムでは、自律神経を整えるのに効果的なセルフケアのマッサージのやり方をお伝えします。

自律神経の働き

自律神経の働き

自律神経は全身に分布していて、血管、胃、腸管、心臓、腎臓、肝臓、肺、膀胱、性器、瞳孔、汗腺、唾液腺、消化腺などを支配しています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つの種類があります。

交感神経

活動時や昼間に活発になります。

交感神経が優位に働くと、心拍数の増加、血圧の上昇、瞳孔の拡大、手のひらの発汗、体毛の逆立ち(鳥肌が立つ)など、ストレスの多い状況や緊急事態に際して体の状態を整えます。

緊急時には、消化や排尿などの機能は鈍らせます。

副交感神経

夜間やリラックスしている時に活発になります。

副交感神経が優位に働くと、血圧は下がって心拍数も減少します。瞳孔も収縮して、心身が休んでいる状態になります。食物の消化や不要物の排泄を促します。

体の基本的な機能を維持する役割を持つ自律神経は、とても大切な役割を担っています。

自律神経が乱れる誘因

自律神経の乱れで辛い症状が続いている女性

  • 慢性的な寝不足
  • 不規則な生活
  • 偏った食事
  • 音や温度、気圧などの外的なもの
  • 人間関係や仕事のプレッシャーなどの精神的なストレス
  • 過労
  • ホルモンバランスの乱れ(更年期など)
  • 疾患によるもの(うつ病、不安症、パーキンソン病、レビー小体認知症など)

病気が原因の場合は、まずはその治療を行うことも必要になりますが、生活習慣や気候などの外環境、精神的ストレス、病気によるものなど、たくさんの誘因があります。

自律神経失調症の症状

自律神経は全身に分布していて、そのバランスが乱れると全身に様々な症状が現れます。

疲れやすい、冷え、のぼせ、頭痛、耳鳴り、動悸、便秘、下痢、発汗、頻尿、残尿感、肩こり、生理不順、めまい、ふらつき、関節の痛みなどの身体的な症状。

そのほか、不眠、イライラ、集中力や記憶力の低下、不安、感情の起伏が激しくなるなどの精神的な症状も。

一つの症状だけではなく、人によってはいくつもの症状を伴うこともあります。

この自分で意識してコントロールできない神経の乱れで起こる自律神経失調症は、どの様にケアしたらいいのでしょうか?

サロンでの自律神経調整のアプローチ

サロンで、自律神経調整の施術を受ける女性

では、実際に銀座ナチュラルタイムのサロンではどの様にケアをしているのかをご紹介します。

まずは!全身治療からアプローチ

身体は、それぞれの組織や器官が独立して機能しているわけではなく、組織や器官などが繋がり、一人の生命体として存在しています。そのため、サロンの基本的な治療方針として、どのような症状や状態の方でも、先に全身のバランスを整える全身調整治療をお勧めしています。

全身調整治療を行い身体の機能がスムーズに働くことで、その人自身が持つ「自然治癒力」を高めていきます。全身的な治療は部分的な治療と比べて、改善していくスピードは、確実に上がっていきます。

特に自律神経の不調は、全身の色々な器官の調整に関与している神経のため、応急処置や部分的なケアでは改善が難しい場合があります。

自律神経にも関連する背中や首まわりの専門治療

特に背中や首まわりは、自律神経とも関係がありますが、自分ではなかなかケアしづらい部位でもあります。

背中や首まわりの慢性的な疲労やコリが溜まっている場合は、表層の筋肉だけではなく、深層の筋肉まで硬くなってしまいます。

サロンでは、この背中や首まわりを含め全身的に「経絡リンパマッサージ」や「鍼灸治療」を組み合わせて、しっかりと治療していきます。

背中から首まわりの状態が変わることで、慢性的な疲労感の改善や精神的なストレスの緩和にも効果的です。

身体からゆるめて、自律神経の切り替えをスムーズに!

日常の中で、常にストレスを感じ緊張感の強い方は、より自律神経のバランスを崩しやすくなっています。そのような場合は、特にリラックスして頂くことが重要です。

しかし、リラックスしようと意識しても、身体の緊張感が抜けない人も多いです。

そんな時は、心地よくカラダをゆるめていくために、オイルを使用するマッサージの「経絡リンパマッサージ」でケアをしていきます。

身体を流す心地よいリズムと刺激で、コリをほぐしカラダをゆるめて、リラックスしやすい状態に導いていきます。

また、マッサージで表層から流してほぐしていき、現れてきた深部のコリに「鍼灸治療」を組み合わせ、さらに身体をゆるめるアプローチも行っています。

自律神経を整えるリラックスセルフケアマッサージ

自律神経を整えるマッサージのやり方

ここからは、自律神経にも優しいリラックスのためのセルフケアをご紹介します。
サロンに行けない時や、忙しい日々のケアにもぜひ取り入れてみてください。

マッサージを始める前の注意点

  • 施術する箇所や手は清潔にしてから行う
  • 食後2時間以内、及び飲酒後は避ける
  • 重要疾患や過度に疲れている時、発熱時や妊娠初期は控える
  • 切り傷やケガがある時は控える
  • 症状がひどい時、効果がない時は、専門家に相談する

マッサージの効果を高める7つのポイント

  • 身体が温まっている時に行う
    身体が温まっている時は血流が促進され老廃物が流れやすい状態です。お風呂上がりのケアがおすすめです。
  • 1日1回を目安に
    過度な刺激は逆効果です。1回で長時間行うよりも、短時間でも毎日継続することが大切です。
  • 水分をしっかりとる
    代謝がよくなり、余分な水分が排泄されるため、こまめに水分補給をしましょう。
  • オイルやクリームなどを使う
    肌への摩擦負担を減らすためにオイルやクリームを使うのもおすすめです。ご自身の肌質や好みの香りのものを用いることで心身ともにリラックスすることができます。
  • リラックスして行う
    身体が緊張しているとマッサージ効果が低下することも。できるだけゆったりとした時間にリラックスして行いましょう。腹式呼吸も合わせて行うとより効果的です。
  • 心臓から遠い末端部から
    末端部から身体の中心に向かって一方向にマッサージしていきます。手のひらを肌に密着させ、流れを促進させるイメージで行いましょう。

実践!自律神経を整えるセルフケアマッサージ

マッサージの手技については、リンパマッサージの基本手技をプロが徹底解説で詳しく説明してありますので、ご参考になさってください。

  1. 腕の内側をさする腕の内側をさするマッサージ手首から脇の下に向かって腕の外側と内側をさする。腕を掴むように密着させて、しっかり脇の下までさすります。腕を上げると脇の下まで行いやすくなります。反対側も同様に行いましょう。

  2. 耳の下から肩先、鎖骨へ首をさする首をさするマッサージ耳の下に親指以外の4本の指を当て、一方の手は耳の下から肩先へ、もう片方の手は耳の下から鎖骨に向かって首の側面をさすります。反対側も同様に行います。

  3. 胸からお腹の中央をさする体の中心をさするマッサージ胸から下腹部に向かって、胸とお腹の中央を左右の手にひらで交互にさすります。

  4. お腹をさする
    みぞおちから1.おへそを通り、恥骨までさする。2.肋骨下を左右同時にさする。

  5. 頭をまんべんなく叩く頭をまんべんなく叩く。指先でやさしくつまみ、弾くようにリズミカルに行う。

これらのセルフケアは渡辺佳子総院長の著書経絡リンパマッサージセルフケアBOOKから一部抜粋いたしました。より詳しいセルフケアの方法は、著書をご参考になさってください。

まとめ

自律神経失調症は程度に差があれど、誰にでも起こって不思議のない症状です。疲れが溜まってくると、知らぬ間に症状に悩まされることもあるので、疲れを溜めすぎずに、こまめにケアするのがおすすめです。

また、継続的な身体のケアは、自分自身の身体の状態を客観的に把握し、時系列に見ることができます。

自分の身体を知ることで、今日はどこがこっているか、疲労度はどれくらいかなど、日々の変化を感じることができます。

体の限界を迎える前に、予防をすることがどんな時も大切になってきます。

1日の終わりにゆったりとした時間を作り、セルフマッサージをしながらご自身の心と身体と会話をしてみてはいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を監修した人
渡辺 佳子 (わたなべ けいこ)

(社)経絡リンパマッサージ協会 代表理事
銀座ナチュラルタイムグループ 総院長
現在は東京医療専門学校教員養成科マッサージ臨床学の非常勤講師を務める。

経絡リンパマッサージの第一人者として、海外書籍を含め70冊以上、雑誌などの監修誌は1000誌を超える実績を持つ。TV、雑誌、企業の美容健康関連商品などで多くの監修を手がける。女性のための健康と美のセルフケアの普及、鍼灸マッサージ師の臨床教育などにも力を入れている。また、自らの臨床経験を生かし、健康や医療、予防医学の大切さをライフワークとして伝え続けている。さらに、身近な美容やダイエット、食事や生活を通じて、ベビーやママ、女性たちの幸せな毎日を応援している。